金型をアルミ加工でプラスチック容器を作ろう|低コストで大量生産

作業員

耐性が優れている

ポリカーボネート

カーボグラスはポリカーボネートであり、幅広い分野で使われている素材です。建築としてガラスの代わりに使われることが多くあり、耐性が優れているので屋外で使われることも多々あります。

View Detail

適切な種類を選ぶ

容器

プラスチック容器を工場で使うときには、適切な種類や素材を知っておくことが大切です。作られている素材によって特徴が異なります。また様々な容器があるのでカタログを見て選びましょう。

View Detail

素材の性質を知る

加工

建築や工業などの業界ではいろいろな製品を作っています。製品には、多くの部品を使われており、原料から必要な形に加工されているのです。
原料の特性をうまく使って使われているものとしてプラスチック容器が挙げられます。プラスチック容器の用途は工場で使う薬品や油などの液体上の物を入れるときに使います。薬品や油などでは、プラスチックを溶かしてしまう性質を持っている液体もあります。しかし、プラスチック容器の素材を変えることでプラスチックを溶かす性質に対向することが可能です。そういった作られている素材の性質を活かしてうまく使っていきましょう。

いろいろな製品を作るときには、金型を使って鋳造製造をされることが多くあります。鋳造では、プラスチック製品や合金製品なども作られます。これらの製品を作るためには金型を利用することが大切です。金型はアルミ加工をして作られているものでとても軽くて丈夫な鉄になっています。加工性がとても優れているのでNC旋盤などを使って金型を生成していきます。
金型は、樹脂製品や鉄製品まで作ることができます。そして金型を一つ作っておくことで永遠に同じ製品を鋳造によって作り出せることも魅力です。
テレビや携帯電話、洗濯機などの部品も金型を使って成形されています、複雑な形ですがしっかりと形を作るように設計されているのです。金型の設計は、アルミ加工をする前からされており、適切な形を作ることができるようになっているのです。

専門業者に任せる

保冷剤

保冷剤を使う業界は医療関連や運送業界などがあります。冷凍食品や血液、臓器などを運送するためには厳しい温度管理が重要になります。それらが行なえるのは専門業者の保冷剤と保冷ボックスです。

View Detail

Copyright© 2015 金型をアルミ加工でプラスチック容器を作ろう|低コストで大量生産All Rights Reserved.